ウォシュレットから出てくる水は汚いの?

ウォシュレットを使わない人の意見を聞くと「出てくる水が汚い気がする」というものが多数をしめます。ウォシュレットはノズルで水を出して、お尻を洗いますが、洗った後の水もノズル周辺へ落ちていきます。そのため、ノズルにも当然汚水はかかり汚れますから、次に使うのが汚いと思うのも当然かもしれません。

しかし、実際にはノズルの噴射口からは絶えず水が出ていますので、直接汚水がかかることはありません。そのため、出てきている水が汚いということはありませんので、心配する必要はないでしょう。

とは言うもののノズル自体は、どれだけ使用後に移動洗浄されていたとしても、汚水の跳ね返りなどで汚れがたまっていきます。そうすると雑菌も繁殖しますし臭いの原因にもなっていきますので、定期的な掃除は必要になってくるでしょう。

ノズルは片方の手で引き出して、もう片方の手で掃除していきます。ノズルからデリケートな部分に水を噴射しますので、洗剤などが残らないように、できれば水に濡らした雑巾を使うのがいいのですが、どうしても洗剤を使う場合はプラスチック製のノズルを痛めないよう、中性洗剤を使い、洗浄後は洗剤を綺麗に拭き取るようにしてください。

また、ノズルから勢いよく出てお尻を洗った水は、便座の裏や便器の縁の裏、時には便座の表の後ろ側(お尻の後ろ側)にまで飛んでいることがありますので、この辺りも注意して掃除するとよいでしょう。

このように清潔にして使うなら、ウォシュレットは決して汚いものではありませんので、安心して使ってくださいね。

ウォシュレットのノズルの簡単なお掃除方法

お尻を綺麗にしてくれる「ウォシュレット(温水洗浄便座)」ですが、やはり一番気になる部分は水やお湯が出てくる「ノズル」です。ノズルからの洗浄水はお尻の洗浄後、ノズルにもかかって落ちていきます。そのため、長く使っていると洗い流した便や雑菌がついて汚れてきます。

ノズルの吹き出し口は、お尻の洗浄が終わった後もしばらく、水やお湯を出し続けることで汚れを洗い流す工夫がされていたり、別途、自動で掃除する機能を持っていたりはしますが、ノズル本体の汚れを取るものではありません。そのため、ノズルは定期的に掃除する必要があります。ではノズルの掃除方法をご紹介しましょう。

ノズルは手で持って、簡単に引っ張り出せます。ノズルを引っ張り出したら、「古い歯ブラシ」を使って、ノズルの根元や奥についている汚れを、ちょうど歯ブラシをする要領で落としていきます。

ノズルの汚れが綺麗に落とせたら、次に「抗菌のウェットティッシュ」で拭いてあげれば、雑菌を殺菌できますので、臭いの元を断っておくことができます。その他にも、「ノズル専用の洗剤」を使う掃除方法もあります。これらの洗剤には、洗浄効果と除菌効果の両方を兼ね備えているものもありますので、お手軽さという面では歯ブラシより有効です。

どのような掃除方法を使うにしても、一番大切なことは「定期的にウォシュレットのノズルを掃除する」ということです。掃除の頻度が高ければ高いほど、当然、手間がかからないのは言うまでもありませんので、マメな掃除を心がけるようにてくださいね。

ハウスクリーニングのプロにまかせてみませんか?

エアコン、キッチン、換気扇、トイレ、洗面、浴室などをプロの技術でお掃除します!どうぞお気軽に24時間対応の電話受付へご相談くださいませ。

大掃除にもおすすめです
  • キッチンまわり・換気扇の油汚れやヤニのこびりついた油汚れも特殊な洗剤や高温スチームでお掃除
  • トイレのお掃除(プロ用の特殊薬剤で尿石や便器内の汚れを除去)
  • 浴槽・浴室内の水垢やカビを高温スチームで徹底除去
  • エアコンの臭いやカビ、雑菌などを除去

    ご相談・お見積りは無料です。
    050-8882-5978