お風呂の床や鏡につく水垢・カルキ汚れの掃除法

お風呂の床は、モザイク模様やデコボコになっていて、水はけや滑り止めの効果はありますが、その反面、模様の中に入った水垢汚れなどを掃除するのが大変です。

お風呂掃除をしていると、白っぽい汚れがこびりついて、お風呂用洗剤で掃除してもなかなか取れない事があります。この汚れは、水滴の水分が蒸発した後に、水を消毒するために使っているカルキ(カルシウム)が残り、そこに石鹸カスやシャンプーなどが重なることによってできているもので、す「金属石鹸」とも言います。

このカルキが原因となる汚れは、床や台に残ると白っぽい汚れになり、放置している時間が長いほど頑固な汚れとなって、普段の掃除だけでは取り除くことが困難になります。また鏡に付くと白いウロコのようになります。

浴室の鏡にこの白い汚れを付着させないためには、毎日の掃除の際に浴室の鏡を乾いたタオルなどで拭き取って、水滴をできる限り残さないようにしておくことがポイントです。これを毎日実践すれば、浴室の鏡には全く白い汚れが付着しなくなりますので、いつもキレイな浴室の鏡を維持することができます。

しかし、既に付いてしまった汚れは、汚れが軽いうちに早めに掃除してしましょう。このカルキ汚れは、「アルカリ性」ですので、酸性のものに溶ける性質があります。軽い汚れであれば、ご家庭にある「お酢」を使って掃除することもできますが、お酢の臭いが気になる人は、薬局などで購入できる「クエン酸」を使うのがよいでしょう。

その際には、水200mlに対し小さじ3〜4杯のクエン酸を混ぜて、クエン酸水を作っておきます。そして、クエン酸水を霧吹き器に入れて、カルキ汚れに吹きかけて水で流します。

汚れがひどい場合には、ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどにクエン酸水を吹きかけ、パックのようにカルキ汚れに覆い被せておきましょう。3時間~半日ほど放置した後、ブラシやスポンジを使って水垢をこすり取り、最後に水でクエン酸を洗い流します。洗い流した後の水滴は、タオルなどで綺麗に拭き取っておくと、なおよいでしょう。

ただし、クエン酸を使う時に3つの注意点があります。

  • 1つ目の注意点は「大理石には使わない」ことです。人工大理石にも使用してはいけません。
  • 2つ目の注意点は「鉄製品に使わない」ことです。錆びの原因となりますので、注意してください。
  • 3つ目の注意点は「塩素系の洗剤と混ぜない」ことです。有毒ガスが発生しますので、クエン酸を単体で使うか、塩素系の洗剤を使う時は、クエン酸を綺麗に洗い流してから使用しましょう。

お風呂の床に水垢を付けないためには、毎日のお風呂上がりに水を拭いておくのが一番です。一度綺麗になったら、カルキ汚れがまた付いてしまわないよう、お風呂上がりに水滴を拭き取ることを習慣にしましょう。

ハウスクリーニングのプロにまかせてみませんか?

エアコン、キッチン、換気扇、トイレ、洗面、浴室などをプロの技術でお掃除します!どうぞお気軽に24時間対応の電話受付へご相談くださいませ。

大掃除にもおすすめです
  • キッチンまわり・換気扇の油汚れやヤニのこびりついた油汚れも特殊な洗剤や高温スチームでお掃除
  • トイレのお掃除(プロ用の特殊薬剤で尿石や便器内の汚れを除去)
  • 浴槽・浴室内の水垢やカビを高温スチームで徹底除去
  • エアコンの臭いやカビ、雑菌などを除去

    ご相談・お見積りは無料です。
    050-8882-5978